義歯 保険の入れ歯と保険外の入れ歯は何が違いますか?

ドクターからの回答

ディーバデンタルクリニックの能勢です。

保険の入れ歯は、使用できる材料が限られています。

保険外ですと、材料が自由に使えるため、バネが見えにくい入れ歯、磁石(マグネット)を使った入れ歯など入れ歯の設計の幅が広がります。

金属を多く使用する事が出来るため(金属床)、壊れにくく、薄くよく噛めます。

また、部分入れ歯では、ご自分の残っている歯の負担が減るため、残っている自分の歯が保険の入れ歯を使用した時より長持ちします。詳しくはご相談下さい。

一覧へ戻る
 相談・お問い合わせはこちら