予防歯科

元気な歯をたくさん残しましょう。

セルフケアだけではとり切れない虫歯の原因菌をプロの手によって取り除き、虫歯の痛みや歯周病に無縁な口内環境を維持する「痛くならないための」治療が予防歯科です。
虫歯の原因となるミュータンス菌、これらの温床となっている口内のバイオフォルムをPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)と呼ばれる専門治療で定期的に取り除きます。
これにくわえフッ素コートを施すことにより、原因菌再付着を防ぎ虫歯になりにくい口内環境をつくります。
欧米では一般的な歯科治療であり日本人に比べて虫歯が少ないことから予防歯科の必要性が今注目されています。
虫歯になりやすい子供だけではなく大人も治療をうけることによって高齢になっても元気な歯をたくさん残しましょう。

虫歯の原因を定期的に取り除きましょう。

P.M.T.C

(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
専門的な機器を使用した歯とお口のクリーニング。毎日の歯みがきでは取りきれない、
虫歯の原因となるミュータンス菌、口内のバイオフォルムをPMTCと呼ばれる専門治療で定期的に取り除きます。

日本と歯科先進国の予防における意識の差

  • 定期的に歯科医院でメンテナンスを受けている人の割合

  • 70歳での残存歯数

予防歯科のQ&Aはこちら

一般歯科

天然の歯を大切にする治療

当クリニックでは、なるべく抜かず、なるべく削らず天然の歯を大切にする治療をおこなっています。
虫歯はそのままにしていても治る病気ではありません、また一度削ってしまった歯は自然に復元することはありません。
皆様の大事な歯を守るために天然の歯をなるべく削らない治療を心がけております。

小さなお子さまから、歯医者の苦手な大人の方までが安心して治療を受けられるように「痛くない」無痛診療も当クリニックの特徴です。
患者さんに安心して治療を受けていただくために、カウンセリングや治療についての説明、予防などに関する相談・指導も行っております。

当クリニックの特徴

お子さま、歯医者の苦手な方も安心「痛くない」無痛診療

美しい口元から笑顔になれるお手伝いをいたします

インプラント・義歯・ホワイトニングなど口元を美しく見せる審美歯科治療も当クリニックでは行っております。
美しい口もとをつくることで心を晴れやかに明るく日々を過ごすためのお手伝いを行っております。
審美歯科の施術は保険対象外となるものがありますので、事前にご確認・ご相談ください。

歯周病

歯周病にならない口内環境を保ちましょう。

歯周病は歯を支える歯肉や骨にいたる箇所に起こる炎症などを主に指して言います。
歯槽膿漏などの症状をよく耳にすることがおおいでしょう。
この歯周病は放置しておくと歯の土台そのものを破壊してしまう病気です。
また口内の違和感が常にある状態では食事を楽しむことができなくなることもあり、健常な栄養状態を保つ事を阻害してしまいます。
この歯周病は日本人の8割以上、世界的にみても人類最多の感染症といわれておりギネスブックにも掲載されているものです。
歯周病の治療と予防はそれを行う事で歯そのものを長持ちさせることができます。
歯医者では虫歯治療のみならずこの歯周病の治療ならびに、予防医療も提供しています。
歯周病の原因であるプラークを徹底して取り除くP.M.T.Cなどを定期的にうけて歯周病にならない口内環境を保ちましょう。
歯周病は、日本人の8割以上!
世界的にみてもっとも多い!

歯周病の原因でを徹底して取り除く!

P.M.T.C

(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
専門的な機器を使用した歯とお口のクリーニング。毎日の歯みがきでは取りきれない、
歯周病の原因となる歯垢や着色汚れを、徹底的に取り除くことができます。
P.M.T.Cを定期的にうけて歯周病にならない口内環境を保ちましょう。

オゾン療法

むし歯をつくらない為の最新治療法

オゾンを細菌やウイルスに10秒間接触させると99%、
20秒間では99.9%を死滅させたり不活性化させることが出来ます。
この効果を活用し歯の再石灰化を妨げるタンパク質を除去し、食べ残しなどで酸性化している部分を分解、中和させることが出来ます。
オゾンは歯のエナメル質や象牙質に侵食し、病原菌の再発生を最大3ヶ月防ぐことが出来るのです。
オゾンによる予防効果で
病原菌の再発生を最大3ヶ月防ぐ!!

当院のヒールオゾン治療

使用している治療用機器は最新のものとなり、従来の機器よりもオゾン濃度が非常に高くなっており効果も高くなっております。
従来:2100ppm → 最新:19,000ppm
濃度が高い分、短時間でバクテリアの除去が可能になりました。
治療料金は、一歯あたり3,000円となります。(治療する歯が増えるごとに3,000円ずつ増えていきます)

ヒールオゾンの流れ

使用している治療用機器は最新のものとなり、従来の機器よりもオゾン濃度が非常に高くなっており効果も高くなっております。
従来:2100ppm → 最新:19,000ppm
濃度が高い分、短時間でバクテリアの除去が可能になりました。
治療料金は、一歯あたり3,000円となります。(治療する歯が増えるごとに3,000づつ増えていきます)
  • ① ケスラースカムで撮影

    ② パウダークリーニング

    ケスラースカムの結果
    1.2以上で
    パウダークリーニングをします。
  • ③ 再撮影

    1.2~1.5:
    オゾン → ミネラル供給 → 3ヶ月後検診
    1.5以上:
    ラバーダム → オゾン → 切削 → オゾン → 充填(保険不可)
オゾン療法はこんなに活用されています。
  • 予防

    フッ素塗布時に使用します

    オゾンにより歯の表面にあるタンパク質を除去し、酸性化している部分を中和します。リン酸カルシウムやアパタイトなどで構成されたミネラル成分を供給して歯質を強くします。
  • 予防

    虫歯を造らない為の最新治療

    第一大臼歯には、裂溝という溝があります。この溝に細菌が溜まらないようにプラスチックで覆ったりしますが、覆う際に溝にある残留細菌があるとせっかく覆った溝も溝の中で細菌が繁殖し、虫歯になってしまいます。オゾンにより残留細菌を除去することに寄って虫歯になりにくくします。
  • 治療

    歯周病に使用します

    第一大臼歯には、裂溝という溝があります。この溝に細菌が溜まらないようにプラスチックで覆ったりしますが、覆う際に溝にある残留細菌があるとせっかく覆った溝も溝の中で細菌が繁殖し、虫歯になってしまいます。オゾンにより残留細菌を除去することに寄って虫歯になりにくくします。
  • 治療

    虫歯に使用します

    まず高濃度オゾンをエナメル質の虫歯や象牙質の虫歯に直接あてて虫歯菌を除去してから、ミネラルを補給しフッ素を補給してくれるセメントで封鎖します。約4週間から12週間で、エナメル質や象牙質が再石灰化します。
    オゾンにより被ものを取り付けたことによりできる虫歯の発生を防ぐことができます。
  • 抜歯後

    インプラント治療のメンテナンスに使用します

    インプラント治療は、インプラントを埋入した後のメンテナンスが非常に重要です。メンテナンスを怠るとインプラント周囲炎になり、最悪の場合にはインプラントが抜け落ちてしまいます。オゾンにより細菌を除去しインプラント周囲炎になるのを防ぎます。
  • 抜歯後

    神経を取った後の管を殺菌します

    オゾンにより歯の神経を取った後の管に潜む細菌を除去することができます。これにより細菌の再発生を防ぎ、歯の根っこの部分に起こる炎症を防ぎます。

お子様をお持ちの方へ

こどもは「歯医者さん」に行くのを嫌がります。
それはなぜでしょうか?
それは歯を削られたり、注射を打たれたり、
挙句の果てには歯を抜かれたりして「痛い」ことを歯医者さんがすることを知っているからです。

ヨーロッパから導入された最新のオゾン療法は、歯を削ったり、
注射を打ったりせずにむし歯治療を行なう事が出来ます。

また虫歯にならないように定期的にオゾン療法を行なうことで予防することも出来ます。
こどもは「痛い」ことをしなければ、歯医者さんに通うことを嫌がりません。
それはお子様をお持ちのご両親にとって、ストレスから解放され、時間も無駄にしません。
オゾン療法のQ&Aはこちら

口腔外科(親知らず)

「親知らず」や「顎関節症」など
緩和ケア・セルフケアの指導まで

口腔外科とは歯茎や顎、舌などの歯以外のさまざまな口内の病気や障害に対応する診療科目となります。舌癌や口蓋癌などの悪性腫瘍、血管腫やエナメル上皮腫などの良性腫瘍、先天性の各種疾患や口内粘膜疾患・歯寝嚢胞やさまざまな外傷など多岐に渡った治療を行います。

大きく痛む「親知らず」などの埋伏歯に関するさまざまな治療も歯科口腔外科の担当範囲です。

また非常に多くの方が抱える顎関節症は単なる痛みを伴うだけではなく、歯ぎしりや頬杖、片側噛みなどの悪い習癖の原因になるほかストレスやうつなどの精神的な負担をかける大変な病気です。
これらの解消を目的としたリハビリや緩和ケア・セルフケアの指導も当院にておこなっております。

小児歯科

すこやかな成長を応援します

小さなお子様にとって歯の健康は順調な成長を促す上での大切な要素です。乳歯は虫歯になりやすいだけではなく、永久歯を正しい位置に生やすためにもその管理は大事な要素になります。

お子様を虫歯から守るために

歯を作る予防や歯並びの矯正

小児歯科は単にこどもの歯の治療だけではなく、虫歯になりにくい歯を作る予防や歯並びの矯正を行っております。
6歳前後で生えてくる「六歳臼歯」はその後の歯並びを決定づける大事な歯になります。

歯磨きの指導

親御さんへの歯磨きの指導なども行っております。

シーラント治療

歯を守るために虫歯になりやすい奥歯の溝を埋めてしまい歯磨きをしやすくし噛みあわせを良くするためのシーラント治療などの治療も小児歯科でおこなっています。

小児歯科はお子様のすこやかな成長を応援する医療でもあります。